レバレッジETFの長期積立をします!【ギャンブル投資検証】

僕は18,19歳の時にスロットにはまり、それから競馬・競艇・FX(ギャンブルではない?)などいろいろなギャンブルを経験しました。どれも好きだったのですがFX以外は安定して勝てるようになることはなく、社会人になり現実的に資産形成に興味を持ちまして例に漏れず株・ETFに興味を持ちました。

根がギャンブル好きなので、ブログ運営に当たり何か企画として面白いことをしたいということで、レバレッジETFの積立投資をしてみようと思いました。

 

といってもそこまで多くのお金を投入できるほどの財力はないので、1日500円を目安としてレバレッジETFを3銘柄だけ積立投資していこうと思います。

2021年秋から始めてどこまで伸ばせるのか、はたまた非効率な投資となるのか結果がとても楽しみです。

期間は20年以上を見込んでいます。自分の投資できる資金の状況も変わっていくと思いますが可能な限りは続けていきます。

  

目次

私が長期投資するレバレッジETF3銘柄

それでは、長期投資する3銘柄を説明していきます。

これらを買うにあたっては一応理由付けを用意していますが、私の意見が正解or不正解なのかは未来になってみないとわかりません。ご承知おきください。

またレバレッジETFの長期投資自体が投資方法としてあまり支持されるものではありませんので、(私はどうせならレバレッジ賭けた方がよくない?とは思いますが)是非ご自身で賢明なご判断をお願いいたします。

 

1. INDL (ドル建てインド株レバレッジ2倍ETF)

まず一つ目!
インド株です。

長期投資ということで、将来経済発展が望めそうなインド株を入れてみました。
2021年からおよそ30年後の2050年には、GDPが世界で2位になっているという試算があります。

GDPが2位だからと言ってETFの価格が上がるかはわかりません、インドは特に外資をあまり受け入れないという政策をとっているようですので、もしかすると大きな値上がり幅を狙うのは難しいのかもしれません。 

政策に対する不安が大きい人にはレバレッジがないETFのINDAをお勧めします。レバレッジをかけることによっての減衰リスクがないので、インドの経済発展の恩恵を素直に受けることが出来るかと思われます。

 

2. CWEB (ドル建て中国ネット株2倍ETF)

2つ目は中国のハイテク・ネット株です。

今やGDP世界2位となった中国。2050年ではGDP世界1位という試算があります。中国の経済発展は止まらないのか?

総合的な指数への投資でも良いですが、より面白いことになるかもという期待を込めまして、セクター別で考えると結局今後もハイテク・ネットが来るだろうという安直な考えでCWEBを選びました。

ただ中国に関しても政策や国の相場操作により健全な相場環境となるかわからないというリスクはあります。また2050年には、中国は超高齢化社会を迎えていますので経済的にどうなっているかは予想できません。

 

3. TECL (ドル建て米国ハイテク株3倍ETF)

3つ目はアメリカのハイテク株です。

言わずもがな世界最強の経済大国アメリカです。

2050年のGDP推定では中国に抜かれ2位となっているということですが、世界的に大きな動向がなければアメリカの堅調具合は変わらないのではと思います。

こんなに順調に株価が上昇している国は他にないです。

米国のインデックス連動のETFを買うのであれば、ナスダック100(QQQ)の3倍ETFであるTQQQを買いたいのはやまやまなのですが、2021年現在では大手ネット証券で取り扱っていないこともあり、代わりに同じような値動きのTECLを買うことにしました。しかし近年ではGAFAによる価格推移の影響が大きいのでTECLも好調ですが、ハイテク以外のセクターで伸びがある企業が今後出現するとTQQQとの乖離が出るので、100%TECLがいいと思っているわけではないです。

もしTQQQの取り扱いが解禁となると、TECLからTQQQに乗り換えるかもしれません。

TQQQを信頼できる証券会社で買えるとするなら、インドや中国の株を買わずにTQQQ一択で行くのが最強かも!

いやむしろレバレッジかけずにQQQ一択でいいかもしれない。笑

 

20年後が楽しみだ!

ということで長期積立投資するレバレッジETFを3銘柄選びました。

3銘柄を1日500円ずつ投資ですので1ヶ月で約4.5万円です。
投資資金が枯渇したらすみません笑

実際の投資結果は半年毎や1年毎とかに報告させていただきますのでよろしくお願いします!

投資ライフ頑張っていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる